フェイスブック乗っ取りと効果的なパスワードの作り方

ログインしようとしたらロックされていた

セントルイスだとぅ!

いつも通りのログイン画面からログインしようとすると・・・
facebook1



何とロックされている
facebook2



セントルイスからアクセスされたらしい。
facebook3

不正ログインで被害者は誰か

自分と繋がっている人を全て巻き込む

フェイスブックの不正ログインなんて、自分とは無関係とは思っていましたが、まさかこんなことが本当にあるとは。

そもそもフェイスブック自体、あまり使っていないので、盗まれるようなデータも無いと言えば無いのですが、フェイスブックのようなSNSは繋がっている人がいますからね。

自分だけの被害では済まないわけです。
ここがSNSの非常に怖いところです。

私のようにWEB担当をやっていたり、WEBに詳しければ細かいセキュリティも気にかけますが、よくわからない人でもSNSは使えますからね。

誰かが不正にログインされたら、そこに繋がっている人の情報は全部丸見えです。

パスワードやIDは推測される

パスワードやIDというのは、大抵の人が、自分の覚えやすいものを組み合わせて作っています。

だから、繋がっている人の誕生日や記念日などがわかってしまえば、それがパスワードである可能性は非常に高いのです。

また、本人になりすますことも出来ますので、メールアドレスはダイレクトメッセージで聞けば良いですから、そうなると、メールアドレスとパスワードが手に入ってしまうわけです。

これは非常に恐ろしいことです。

使用頻度が高い人ならばいいのですが、私のようにあまり使わないという場合、不正にログインされたことすら気づきません。

まさか自分がそんなものの被害に合うわけ無い、と考えていましたので、結構驚きました。

ちなみに、パスワードは自分でも忘れるほど複雑なので、クラックはされていません。
単純なパスワードだったら危なかったかも知れません。

効果的なパスワードの作り方

言葉として成立しないものがいい

パスワードを考えるのは面倒だと思いますが、いい方法があります。

例えば名前が、kawashima だったとしましょう。
誕生日と組み合わせてパスワードが、kawashima1009 というような場合、これだと単純過ぎます。

そこで、母音を抜かします。
kwshm1009 というような具合です。

そうすると、この文字列は辞書にも登録されていない、独自の言葉になりますので、クラッキングされにくいです。

不正にログインしてくるクラッカーは、パスワードを探り当てる際、辞書を使います。
一般的な言葉から当てはめていくのです。

ですから、言葉としては成立していない方が、パスワードとしては適しています。

でも、それを考えるのは面倒ですし、忘れてしまいますよね。
母音を抜かす方法を使えば、例えば好きな食べ物でもいいですし、好きな観光名所でもOKです。

母音の代わりに何かを入れればより強固に

さらに、母音を抜かしてハイフンを付けるとか、母音の代わりに全部Pにする、という感じで、簡単な自分なりのルールを設けておけば、
相当強固なパスワードが出来上がります。

ただし、これらのパスワードも破られないとは限りません。
同じアカウントに対して、総当りでパスワードクラックを仕掛けてきます。

だから、定期的に変更することが効果的なのです。
面倒だとは思いますが、あなたの繋がっている人に迷惑をかけないためにも、パスワードの管理と定期的な変更を行いましょう。

関連記事

dropbox-logo

DropBox無料版の容量がいきなり50GB増えたんだけどなぜだ!とこの記事を書いているうちに原因がわかったのでそのまま晒す。

いきなり50GB位容量が増えてた 何事だ!嬉しいけど何事だ! 普段...

記事を読む

no image

レーシック、という検索ワードはすでに死んでいるかも知れない。

レーシックはアフィリエイトの餌食 レーシックの失敗例や、体験談を検索...

記事を読む

hatebuspam

はてブでのスパムエントリーがスゴイ

はてブスパムの真骨頂 ある意味凄いけど・・・ はてブのスパムエント...

記事を読む

affiliate2

アフィリエイトは儲かる!って言うと儲かる。

情報商材アフィリエイトの被害が拡大中 そんなにうまい話は無いってこと...

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑