GAIQ対策 問題3:フィルタで使用可能なものは次のうちどれですか?可能なものを全て選びなさい。

初めてGAIQ対策関連の記事をご覧になる方は、以下の記事を一読して頂きますと、わかりやすいです。

GAIQ対策注意書き(ご一読下さい)



問題原文

Question3

Which of the following are possible uses of filters? Select all that apply

A) Limit administrative capabilities for selected user(s)
B) Replace complicated page URLs with readable text strings
C) Exclude visits from a particular IP address
D) Report on only a subdomeine or directory
E) Include only traffic coming from a particular campaign


日本語訳

問題3

フィルタで使用可能なものは次のうちどれですか?可能なものを全て選びなさい。

A) 指定のユーザーの権限、機能を制限すること
B) 複雑なURLをわかりやすいテキストに置き換えること
C) 特定のIPアドレスを除外すること
D) サブドメイン、もしくは特定のディレクトリだけをレポート表示すること
E) 特定のキャンペーンからのトラフィックだけを含めること


問題解説

私の解答は「B」「C」「D」でした。が、「E」も出来ますね。まさここで間違えてるなんて・・・・

フィルタについての問題です。
この問題のように可能なものを全て選びなさい、という形式が結構出題されます。
この形式は厄介です。しっかりと理解していないと解けないからです。

解答が掲載されているページ。

GoogleAnalyticsヘルプ-プロファイル(ビュー)
http://support.google.com/analytics/topic/1032939?hl=ja&ref_topic=1726911

ただし、上記ページを見てもらうとわかるように、問題の形式と同じような解答ページがあることも多いので、勉強する上ではそんなに困らないと思います。


フィルタで何が出来るかをしっかりと理解する

Aのユーザー権限についてですが、フィルタにそんな機能はありません。
制限するとしたらアカウントレベルでやらないとダメですね。

Bの複雑なURLをわかりやすく表示、はGAIQ対策 問題1:レポートで、実際のページパス(URI)とは違うパス名を表示することは可能ですか?でも出ましたが、可能です。

例えば、リンク先がgooooooooooooooogle だったとしても、実際の画面で見る時は、Google と表示だけ変更出来る機能ですね。

Cは、特定のIPの除外も可能です。例えば社内のIPを除外したりする場合に使います。

Dの、サブドメインとディレクトリですが、違いを押さえておきましょう。

【サブドメイン】http://subdomein.domein.jp(別の形式もあります)
【ディレクトリ】http://domein.jp/ディレクトリ/

ということです。ディレクトリは階層構造で構成されます。パソコンのフォルダのようなものです。

これが出来るか、ということですが、出来ます。フォルダのことですから以下のように出来ます。

http://domein.jp/アニメ/

http://domein.jp/ドラマ/

という構造になっていた場合、アニメ、というディレクトリのアクセス分析と、ドラマ、というディレクトリのアクセス分析が、別々で出来るか?ということですね。

もちろん出来ます。問題で改めて問われると、出来たっけ?
となることも多いですが、確実にモノにしたいですね。

ケアレスミスにご注意

私は間違えましたが、Eの特定のキャンペーンからのトラフィック分析、も出来ますね。ひょっとしてこれ正解してたら100%だったのかも(ノД`)

正解と分かっていても、ケアレスミスもあります。
受験する方場合はお気をつけ下さい。

キャンペーン用フィルタ

悔やしい。。。

関連記事

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑