GAIQ(Google Analytics Individual Qualification) 対策記事について

GAIQ取得を目指す方へ

GoogleAnalyticsの個人認定資格である、GAIQ(Google Analytics Individual Qualification)取得したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

すでに結構な数の人が取得されているようですね。
あまりレアモノではなくなってきたかも知れません。
とはいえ、まだまだ日本語の情報は少ないのが実情。

GAIQの試験は、全て英語での出題となっているため、ここが若干壁が高いですよね。

というわけで勝手にGAIQ対策をしてみます。
実際に私が受験したテストの問題を元に進めていきますね。

英語自体はそれほど難易度は高くありませんし、中断をして120時間以内に問題に回答すれば良いので、じっくり読み進めれば合格できると思います。


用語の違いについて

日本語ではユーザーですが、英語ではAudienceだったり、こういう細かいところが違うので、日本語で勉強するよりも、英語のラーニングセンターで勉強するほうが良いでしょう。


問題は変化します

また、私が受験したテストと問題が同じとは限りませんので、やはりラーニングセンターでひと通りの知識を身につけたほうが良いです。
日頃運用している方であれば知識レベルとしてそれほど難しいことは要求されません。

私が受験した問題が難なくこなせる、というレベルであればさほど問題は無いと思います。


GAIQ対策サイト

GAIQ対策用のサイトもたくさん有りますのでここにまとめておきます。


Google Analytics IQ Lessonshttp://www.google.com/analytics/iq.html

全て英語ですが、動画で学べます。また、音声についてはテキストでまとめてあります。



翻訳するのが大変、という方には以下のリンクを。

IQ Lessonsの動画を全て日本語訳してくれたとってもありがたいサイト

WEB担当者への手紙
http://www.ms321-co.com/blog/category/googleアナリティクス

こちらを参考にしながら見れば理解は出来ると思います。


テストセンターhttps://google.starttest.com/

なにはともあれ、まずテスト用アカウントは作っておきましょう。
確かGoogleAdwords初心者向け試験に合格しないと、受験資格が無いと思うので、この時点でアカウントが無い方は、Adowords試験を受けないといけないですね。


GAフォーラムhttp://gaforum.jp/category/appli/gaiq

上記の他にも色々なサイトがありますが、まずはラーニングセンターを見て、自分のわからないところがどこなのか、をチェックしてみることをおすすめします。

関連記事

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑