仕事で会う人も、プライベートで会う人も同じ人間

成功しやすい職場とは

感情を表に出すことが実は重要

成功しやすい職場にはコミュニティの強さがある。-ライフハッカー
http://www.lifehacker.jp/2013/04/130411community_meetings.html

こちらの記事を要約すると、現在、多くの職場では自分の感情を持ち込むのはNGとなっているが、実は、自分の感情を素直に話し、黙って耳を傾けてもらうことが、他人の助けになり、また、そういう環境があるということが、自分自身の支えにもなる、ということです。

昔の日本ってそんな感じなのでしょうか?

これって昔の日本にあてはることなのかなぁ、と思いました。
昔といっても、高度経済成長期くらいの話です。
古き良き時代と言われるあの時代ですね。

当時は家族経営も多くありましたし、そうでなくても、会社の従業員は家族みたいなものとして扱われていたように思います。

私は残念ながら、そういう環境は経験しておりませんが、ちょっとでもプライベートな質問に踏み込もうものなら、パワハラだと言われてしまう現代は少し世知辛いかな、とは思います。

パワハラを肯定しているわけではありません。念のため。
どちらかというと、私も仕事に私情は持ち込まない派です。


感情を出さないことが本当に大事なのか?

そんなに簡単に割り切れないハズ

いまの日本が進もうとしている方向は、これとは逆の方向なのかなぁと思います。

仕事は仕事、プライベートはプライベートで分ける。
これが美学とされているような感じがしています。

でも結局は人同士の付き合いです。
仕事で会ってる人も、プライベートで会う人も同じ人間です。
そうそう簡単に割り切ることは出来ないですよね。

感情を持ち込まないことが本当に良いことなのでしょうか?


せっかくの出会い、勿体無くはないですか?

サービスを提供するお客様に対しては感情をセーブすることも大事だと思います。
私も昔接客業をやっていた時に、そう教わりました。

でも、同僚には自分の気持ちを吐き出してもいいのではないでしょうか?
社会人になるとどうしても損得勘定で考えがちです。

しかし、1年のうち、少なくとも3分の1は仕事場にいるのです。
そこで出会っている人たちを、ただ仕事の仲間、としてとらえるのは
もったいないことなのではないでしょうか?

ということで、今日は新卒を飲みにでも誘ってみようと思う次第です。

関連記事

オオクモヘリカメムシ

洗濯物やら網戸にやたら虫の卵があるので調べたところ、正体が判明したのでまとめておきます。(画像あり。閲覧注意)

結論、恐らくオオクモヘリカメムシの卵です。 米粒のような、ゴ...

記事を読む

creativeimages

インセンティブ制度は必ずしも生産性をあげるわけではない

インセンティブ制にすると生産性が落ちるという事実 U-NOTE TE...

記事を読む

pc-free-hero

9日間の完全なるデジタル断ちが日常の活力を取り戻す

情報の暴飲暴食に溺れる日々 デジタル断ちで活力を取り戻す ある企業...

記事を読む

syuusyokukatdudou

就職活動は大学に入学した時から始まっている

日本の大学生はとにかく勉強しない 大学は遊ぶところ、という風土 ...

記事を読む

clock

自分の時間をコントロール出来るのは自分だけ

長時間労働が頑張っているわけではない 結果主義が絶対とは思いませんが...

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑