風が強い日は、なぜスカートがめくれないのか。考察してみる。

強風でスカートはめくれない

北風と太陽の教訓

今日はものすごい風でしたね。
都内では風塵が観測されたとか。

さて、冒頭のタイトル、どういうことかというと、風が強い日はみんな警戒しているんですよね。
風が強い、という予報が出ていると、そもそもスカートの人が少ない。

そんな中でもスカートをはいている素敵な女性はいますが、強風の中でスカートを穿くくらいですから、心得たものです。
きっちり抑えてます。裾をきゅっと抑えて歩いてます。

風が強く吹けば吹くほどますます強く抑えます。
北風と太陽の童話のようです。


たまに吹く強風がスカートをめくる

WEBサイト制作にも応用出来る

WEBサイトを作る時も同じようなことが言えると思います。

例えばWEBサイトを作る際、何か強調したいことがありますよね?
それをスカートの中身としましょう。
それを見せるためにはどうしましょうか?

ずっと売りたい!売ろう!と思って強風を吹かせていても、全然見えないんです。中身が見えない。つまり売れない。

でも、たまにヒュッと風が吹くとスカートはめくれます。
突風がスカートをめくり上げるのです。

だから、ずっとプッシュしててもダメなのです。
風が吹き続けている状態ではダメなのです。
ずーっとプッシュされると、相手が警戒してしまいます。

心地よい春の気候を目指す

だから、サイトを作るときには相手が気持ちよく過ごしている状態じゃないといけません。
目指すところは春の気候です。油断している時にピューッと吹く春風。
あの感じを目指したいところです。

つまり、相手が信頼出来る文章を書き、信頼出来る関係を築く。
これが心地良い春の陽気です。

で、たまにプッシュ。いたずらな春風です。

相手を押し倒す程度のものじゃなくていいです。
スカートが捲れる程度。ほんのすこしの風です。
で、すぐに心地の良い状態に戻す。
もしかしたら、相手はめくれたことにすら気づかないかも知れません。

このエントリーががあなたとの信頼を築くものかどうかは、疑問が残るところです。

関連記事

facebooklogo

フェイスブック乗っ取りと効果的なパスワードの作り方

ログインしようとしたらロックされていた セントルイスだとぅ! ...

記事を読む

dropbox-logo

DropBox無料版の容量がいきなり50GB増えたんだけどなぜだ!とこの記事を書いているうちに原因がわかったのでそのまま晒す。

いきなり50GB位容量が増えてた 何事だ!嬉しいけど何事だ! 普段...

記事を読む

no image

レーシック、という検索ワードはすでに死んでいるかも知れない。

レーシックはアフィリエイトの餌食 レーシックの失敗例や、体験談を検索...

記事を読む

hatebuspam

はてブでのスパムエントリーがスゴイ

はてブスパムの真骨頂 ある意味凄いけど・・・ はてブのスパムエント...

記事を読む

affiliate2

アフィリエイトは儲かる!って言うと儲かる。

情報商材アフィリエイトの被害が拡大中 そんなにうまい話は無いってこと...

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑