スマホサイトはスピード重視。

業界によって取り組み方が違う

サイトのスピードも時代のスピードも読む

車の業界はスマホリニューアルに腰が重め、ということです。
楽天市場は、すでにスマホがだいぶ浸透していたためにあまり変化は無いようです。

ASCII.jp-日本のスマホサイトは2年間でこんなに変わった
http://ascii.jp/elem/000/000/773/773028/

車はその場で即決しませんし、すぐに欲しいものでは無いですね。
例えばあの車カッコイーとなって、その車を調べてもその場では買わないし、高い買い物ですからじっくりみたい。

となると、リニューアルするべきサイトはどういったものか?
これはもうその傾向が出ていますが、アパレル、本、家電ですよね。

アパレルは可愛い服があればすぐ購入したり、ブックマークしたいはずですから、スマホサイトに力を入れるのは重要です。
ユーザーが求めているもの、ユーザーの行動を本当に考えた時、あなたのサイトはスマホ向けリニューアルに力を入れるべきか、という答えが出てくると思います。

Googleの公式見解を参考に

スマホサイトを作る時は、Googleの公式見解を参考にしたいですね。

  • 軽いこと
  • ダイレクトに情報に到達できること



自分でスマホのサイトを利用している場面を考えればわかりますが、PCに比べて読み込み速度に対してシビアです。

その為、どちらかというとテキスト中心で構築したほうが良いですし、情報にダイレクトに到達出来ないといけませんので、あれもこれも、と詰め込むわけにはいきません。

特に、WEBサイトを作り始めた当初は、あれもこれもと入れたくなるのが心理。
初めてスマホサイトを作ると、なおさらこの心理が働くかも知れません。


やはりトライアンドエラーで進めていく

実際には作ってみないとわからないことですが、この辺りは分析をしつつ進めていく必要があります。

結局はどこまでユーザーの側に立てるか、というのが一番問題になりますが、作成者側だとそのあたりが段々わからなくなっていくのも実情です。

私は、不便なサイトがあると、なぜ不便に思ったのか?
というのを記録するようにしていますが、最近は読み込み速度が遅いサイトは、不便だなぁと感じることが多いです。
スマホサイトを見るユーザーは、そもそもリアルタイム性が欲しいわけですから、スピードを重視しなくてはいけないのも当然と言えば当然ですね。

関連記事

facebooklogo

フェイスブック乗っ取りと効果的なパスワードの作り方

ログインしようとしたらロックされていた セントルイスだとぅ! ...

記事を読む

dropbox-logo

DropBox無料版の容量がいきなり50GB増えたんだけどなぜだ!とこの記事を書いているうちに原因がわかったのでそのまま晒す。

いきなり50GB位容量が増えてた 何事だ!嬉しいけど何事だ! 普段...

記事を読む

no image

レーシック、という検索ワードはすでに死んでいるかも知れない。

レーシックはアフィリエイトの餌食 レーシックの失敗例や、体験談を検索...

記事を読む

hatebuspam

はてブでのスパムエントリーがスゴイ

はてブスパムの真骨頂 ある意味凄いけど・・・ はてブのスパムエント...

記事を読む

affiliate2

アフィリエイトは儲かる!って言うと儲かる。

情報商材アフィリエイトの被害が拡大中 そんなにうまい話は無いってこと...

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑