相互不信で成り立つ日本の会社

相手を信用出来ない日本の職場

Wireless Wire News
日本の職場は相互不信の塊
http://wirelesswire.jp/london_wave/201303090154.html

こちらの記事を読みました。

要約すると、お互いに信用ならない

記事をざっくり要約すると、
日本はセキュリティ技術は確固たるを持っているのに、ノマドも認めなければ会社のPCの持ち出しも禁止。

要はみんな不信感を持ってるんだ、信用出来ないから禁止なんだ。
かなり乱暴に要約してしまいましたが。こんな感じです。
元記事もぜひ読んで下さい。

仕事は在宅でも出来るが・・・

そんなことないでしょ?と言いたいところですが、確かにデータはそれを示しているし、そう感じるところも多いです。

特に私みたいにWEB担当の場合、ハッキリ言って会社にいても居なくても仕事は出来る。

無論、会社に行けば部下も同僚もいるので、全く行く意味が無いってことはないです。

私の場合は後輩がいるので、後輩の指導をしたり、WEBだけじゃなくて経理もやってるので、その確認があったりするけれども、WEB担当にもっと特化している人は多分行く必要が無いと思う。

こんなデータもあったりします。

Wired.jp
在宅勤務者は生産性が高い
http://wired.jp/2012/09/03/working-from-home-youre-a-better-worker/

在宅はずるい、という話になる

私の会社でもあることですが、「あの人は本当に仕事してるのか?」とか、「いつも暇そうに見える」とか、言われる人が居ます。

まあ、WEB担当とかもそう見られがちですよね。
手を動かして無くても頭はフル回転させてるつもりです。

タスク管理と目標設定が、会社としてしっかり出来ていれば日々の仕事の管理と、目標に達成しているかどうか、を測定すればいいので、無理に会社に行かなくてもいいのではないかと思います。

文化的な問題も絡んでくるとはいえ、日本が最低レベルのBYOD(Bring Your Own Device)というのは、相互不信という一面もあるのでしょうね。

私が会社で苦しい思いしてるのに、あの人は在宅でずるい、とかいう人は少なからずいるでしょうし。

そうすると、文句が出るから在宅はやめようって話になります。

考え方が逆なのでは?

でも、これって逆だと思うのです。
じゃあ、あなたが在宅勤務になるためにはどうしたらいいか考えよう、という話になったほうがいいですよね。

だって、ずるいと思うということは在宅勤務したいわけで、他の人の在宅勤務を辞めさせたいわけじゃないのですから。

私の会社は、目標設定がキッチリしていますが、やっぱり朝はちゃんと来い、と言われます。

管理側としては9~18で拘束したいということだと思うのですが、それならば、目標設定とかもあまり必要無いんじゃないかと思います。

もちろん、勤務態度が良い悪い、で会社の雰囲気も変わってきますし、目標さえ達成すればいい、というものでは無いとは思いますが、あなたの会社は相互不信状態ではありませんか?

関連記事

facebooklogo

フェイスブック乗っ取りと効果的なパスワードの作り方

ログインしようとしたらロックされていた セントルイスだとぅ! ...

記事を読む

dropbox-logo

DropBox無料版の容量がいきなり50GB増えたんだけどなぜだ!とこの記事を書いているうちに原因がわかったのでそのまま晒す。

いきなり50GB位容量が増えてた 何事だ!嬉しいけど何事だ! 普段...

記事を読む

no image

レーシック、という検索ワードはすでに死んでいるかも知れない。

レーシックはアフィリエイトの餌食 レーシックの失敗例や、体験談を検索...

記事を読む

hatebuspam

はてブでのスパムエントリーがスゴイ

はてブスパムの真骨頂 ある意味凄いけど・・・ はてブのスパムエント...

記事を読む

affiliate2

アフィリエイトは儲かる!って言うと儲かる。

情報商材アフィリエイトの被害が拡大中 そんなにうまい話は無いってこと...

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑